こんばんは。
久々のブログです。

最近はInstagramにはまり、ブログは遠のいてしまっていました。ブログも書くので忘れないでくださいね!(笑)

因みに私のInstagramはこちらです。
http://instagram.com/qian_dai.japan

事務所のInstagramはこちら!
https://www.instagram.com/daiqian_guzheng

さて、今日は古筝弦の今について紹介したいと思います。

古筝弦でメジャーなメーカーと言えば「敦煌」です。
実は最近、本物の敦煌製の古筝弦に出会うことが少なくなってきています。

あまり大きな声で言えませんが(笑)、中国のネットで販売されている古筝弦は、ほとんどが偽物で、使い物にならないそうです。

それでは敦煌は、何も対策をしていないのか、本物があまり出回っていないのか、などの問題がありますが、現在、古筝の業界では、下記のような情報が流れています。

今年8月20日から4日間にわたり、マカオで国際古筝音楽祭が行われます。

実はその音楽祭の中で、世界ギネス記録を作るために2350人で古筝を演奏するというプログラムが入っているのです。
その参加者には敦煌製の古筝(全長146cmのミニ古筝)をプレゼントするそうです。

そのために、敦煌の工場は、この古筝を作るのに追われているので、古筝弦が作ることができないようです。

現在、本物の敦煌製の古筝弦は、数倍にも値段が上がり、普通に買えるような金額ではなくなっています。

私は少し前に古筝弦をまとめ買いしておいたので問題なしです。

当分は値上がりしていると思うので、大事に使います♪