古筝は、中国の伝統的な民族楽器の1つです。
2000年以上も前に作られ、奈良時代に日本に伝わり、それが日本のお琴のルーツの一つになったとも言われています。

日本の琴は、13本や17本の弦のものが主流で、象牙で作られた爪を付けて演奏しますが、中国古筝は、21本の弦がのものが主流となっています。昔は、直接に指で弦を弾くように弾いていたようですが、現在では、両手の小指以外の指にべっ甲で作られた爪をテープで指に巻いて弾きます。

当時は、弦もスチールむき出しのままだったようですが、現在は、スチールの上にナイロンを巻いたものを使用しています。

日本では古筝の認知度はまだ低いのですが、中国では人気の民族楽器の一つです。
DaiQian古筝サロンでは、日本の皆さまに、古筝の素晴らしさをお伝えできればと思っています。

よくあるご質問
よくあるご質問についてお答え致します。お問い合わせいただく前にお読みください。
お問い合わせ
わからないことがあれば、ご気軽にお問い合わせ下さい。